毎日のトリートメントは、髪を綺麗にする上でかなり大事なものになります。

ただし、間違った付け方をしてしまうと、
逆に髪がべた付いてしまったり、ケアしたいところがケアできなかったりします。

ここではプロ目線で、トリートメントの正しい付け方を解説していきます。

○まず水気をしっかりとる

トリートメントをつける前に、まずしっかりと水気をとることが大事です。

タオルで拭くのがよく、絞るだけだとトリートメントが薄まってしまい効果を発揮できません。

○トリートメントの付け方

まずトリートメントは毛先からつけます。

間違っても根本につけてはいけません。

あと意外に大事なのが表面の髪の毛。
表面は1番摩擦や紫外線でダメージを受けやすくパサつきやすいところです。

ここは中間から毛先にしっかりつけましょう。

1番少量でいいところは後ろの真ん中から下のほう。
襟足あたりですね。

ここは基本的にダメージしにくいのでそんなにつけなくても大丈夫です。

あと、顔まわり。
顔まわりがぱさつきやすい、広がりやすい方は顔まわりの髪の毛にもつけましょう。

つけた後、コームでとかし、手のひらでやさしく揉み込むと
内部に浸透しやすいです。

その後最低3分ほど置いて流しましょう。

滑りがある程度なくなるまで流します。

髪がべたつきやすい方は、トリートメントをつけ過ぎていたり、
シャンプーの流しが甘かったりするので
シャンプーは最低2分以上流す、トリートメントは滑りがある程度取れるまで流すことを

イメージしましょう。

簡単なことですが、こういったことをイメージするだけで
トリートメントの効きがかなり変わってくるので、
意識してみてください♪

この記事を書いた人

grow HAIR DESIGN