【ブリーチをしないダブルカラーって?】

明るい髪にしたいな、
色がしっかりわかるカラーにしたいな。
でも、ブリーチしたら髪が痛むって聞くし、
普通のカラーでいいや。

そんな時ありませんか?

実は明るいしたい時や、
色がわかるカラーにしたい時に、
必ずしもブリーチをしないといけないわけでは無いのです。

・ブリーチしないダブルカラーって?

ブリーチほど色味を抜かないけど、
カラーである程度明るくしてから色を入れる
「普段より彩度の濃い」カラーのことです。

・メリットは?

ブリーチ程ダメージがない!
暗めカラーでも色を強くできる
ブリーチカラーより色もちがいい!

などが挙げられます。

・デメリットは?

パープル、ペールピンクやシルバー系は不可能。
赤みが元々強い方はブリーチを使わないと無理な色がある。

などです。

◎ブリーチなしでできるカラー例

・ミルクティーベージュ

最近流行りのミルクティーベージュ。
ほんのりくすんだベージュで、明るめカラーでは一番人気の色です。
柔らかい色でとっても可愛いです!

・グレージュ

一度明るくしてから、深めのブルーやグレーを入れることでくらいけど柔らかさのあるグレージュに。
ブリーチなしだと明るめのグレーは厳しいですが色持ちは良いです!

・チェリーピンク
明るめのピンクにベージュと紫を混ぜて、
彩度のあるピンクベージュに。
ブリーチなしの場合柔らかいペールピンクは難しいですが、赤系のピンクは綺麗に発色します。

・アッシュベージュ

明るくした後、明るめのアッシュやカーキで染めることで、
くすんだベージュに。
赤みを抑えたい方におすすめ。

いかがでしたでしょうか?
ちなみに当店ではダブルカラーは+5000円(ロング料金別)でしておりますので
気になった方はお電話お待ちしております♪

この記事を書いた人

grow HAIR DESIGN